下手に表現にこだわると書けるものも書けなくなる

文章を書いていて一番詰まるのはどういうときかというと、表現にこだわりがある時だ。変に表現にこだわりをみせて書こうとすると、書きづらくなるのはなぜか、それは人がどのようにその文章を読んで感じるかを頭でシミュレートしてから書いていくからだ。どうやら人の脳というのは、「相手がどう感じるか」ということを考える時に最も良く働くようにできているみたいで、表現にこだわるということは、もろにそのシミュレートが脳内で走り始めるから、時間がかかるようになるのだ。

文章がある程度うまい人に共通することは、文章、言葉は誤解が必ず生じる、ということを設計に加味した上で発言することだ。だから、変な思い込みで突っ走ったりせずに、とにかく相手に伝わる、間違えづらい文章を気をつけて書くということを心がけている。絶対同じ受け取り方をする、何てことは人に対してあり得ないことなのだ。なるほどプログラムなら書いたことがそのまま動かないとかあり得るだろうが、それはコマンドであって、言葉ではない。言葉は問題ない程度の誤解であれば大丈夫というスタンスだ。もちろん問題が起こりやすい文章はさすがに悪文というか支障をきたすが、娯楽作品においては、そういう表現も責任を負わなくていいので気が楽だ。

もちろん、相手が差別や嫌悪感を感じる内容だと問題だと思うが、そうじゃないなら自由なことを書けば良いと思う。無理に「表現にこだわる」というスタンスを貫くことなく、どれだけ一定のペースで書けるかだけを考えて書けばいい。表現にこだわっても、どうせ自然言語だ。誤解が生じるのは当然である。だったら変に臆せず、ありがちな言葉でバンバン書き散らしていけば最終的な出来栄えというものは大して差がないということだ。下手に表現にこだわっても、後で見直した時に、やたら力みを感じて不自然だったらその方が痛々しい。

文章というのは、「うまい」表現を目指すよりも「自然な」表現を目指すべきものだ。自然であるというのは大多数が納得感を持っている、いわば共通認識に近いことだったりするからだ。文学というのは力んでうまいことを言うためだけのものではなく、どうやったら普遍的で皆にわかりやすい共通認識を持てるのかということを探るものだと思う。だから深く考えなくても、誰にでも伝わるような 言葉を見つけさえすれば、変にこねくり回した言葉や表現を考えてぶち込むよりも、当初の目的である誰かに向けて伝わる文章になるのだから、安心して力を抜いて、表現を過度に演出しなくても良いのだと気がついた。

1/13/2016 07:11:00 AM