ライフハックに対してアンチな感情でブログを書くと非常に捗る

捗る。それも圧倒的に。だから禁じ手としないと、無限にそんなことばっかり書いてしまう。しかし、アホっぽい自分ルールを見せつけてきてドヤられる、賞賛みたいのが単にムカつくという感情があるということは、自分がそこに対して一言いいたい、またはこだわりがあるからなので、それはそれで認識のために必要な行程ではあるかもしれない。

別にここで何をいったところで誰にも影響がないのでどうでも良いのだが、自分が無意識にとらわれることがはっきりするというのは重要な気がする。まあ、ライフハックをけなすのを無理にやめることはせずに、これは自分にとってこだわりのある事柄だから、それについて一言いっときたいと、自分が今思っているのだというのを認識さえしておけば問題ないだろう。

もっといい方法があるのに、という気持ちがあるのと、それ勧めるなよというのと、もうそんなところは過ぎた、普通の人間には絶対無理、続けられない、適当なこと言うな、それらしいこと言ってるだけで無意味、まず役に立たない、他でも言われている、誰かの言ったのを自分の言葉で言い直しただけ、誰がそんなに賞賛してるか、つまらない……などなど、一瞬で頭に浮かんで、一言いいたくなっているのだろう。

別に放っときゃ良いのだが、自分でも抑えきれないというのと、良い感じに感情が沸き立つのでそれをネタにブログ更新をするという目的がある。そういうことをしても中々継続には繋がらないのだが、それ自体、つまり一言いいたいということだけをモチベーションにしていては続かないだけで、結局はそれをネタに、自分の中に眠る繋がりを見つけるとっかかり、フックとして使っているというだけである。

文章を書いていて、ある瞬間から異常な速度で文が書けるようになるタイミングというのがあり、今まさにそれなのだが、その状態を目指すことで、続けているような感じだ。これは感覚でいうと、風呂の後のビールくらい快いものであり、続ける、そこに向かうには十分な理由として機能する。

しかし、週明けなどはその感覚になりづらいし、そこに行きたいという感情がそもそも湧かないので、とりあえずボーっとしてしまう。だから無理やりにでも自分を少しずつ動かすために無意味な文章を書くことをから始める。そうすると、ようやくモーターのコイルが温まり、走り出せるようになってくる。そうなると良い感じで文章が生み出されていくという感じだ。

とっかかりがあればこの状態までが非常に早く行ける。だから良い感じのとっかかり、キーワードみたいなものを求めて何でも良いから自分を燃焼させる事が可能なトピックを見つけて見つけたら一気に襲いかかり、食い尽くし、そこからいろんなものを吐き出す感じで更新していくのだ。何かを伝えたいとか、作品を作りたいというよりは、ここで書き出すという行為そのものが心地よく、後で自己満足に浸れるというのが一番の続ける理由だ、一息で書ききる、その中で思いつき、閃き、信じられない感覚の到来、そういうのを楽しんでいる。

やったことのない人には是非やってもらいたいが、まあ、やらないだろうが、これはかなりエキサイティングだ。自分の中には広大な沃野が広がっている。何も見ずに、文章にするだけでこれまで見てきたものがすべて形を変えながら流転している、凄まじい黄泉の世界みたいな精神世界が広がっている。外には対して何もない。外は人と人が繋がる(笑)コミュニュケーションの世界であるが、精神世界は記憶と感覚が入り乱れた無限世界である。どこまで降りて行っても何も変化がないし、現実世界ではありえない強大な変化があるとも言える。

多分、この状態はドラッグで到達するのが最も簡単なのだろうが、そんなものは弱者の方法である。文章を一定の速度でどうでも良いから書き続けるというだけでそこに到達できるのだ。無理やりに連れて行かれるジェットコースターみたいな薬に頼る必要はない。それは自分で生み出したものではなく、力を借りた世界だ。観察できるものが全く違う。これは悟りに近い世界なのだ。だからといって心頭滅却できるわけでもないが、心地よさは素晴らしい。場合によっては酒で酔う何倍も心地よい。

モードに入るまでが工夫がいるから、それを何でも良いからとっかかりを作ってくれるトピックとして、アンチライフハックという手段を使うに過ぎない。主題とは外れて自由に文章を書き始める瞬間がやってくるだろうがむしろそれを望んでいるし、きっかけそのまま書くと続かないし、楽しくない。本番はそのあとのお筆先である。この状態までが日によって違う。考えてみたら歌も喉の状態が脱力して歌おう歌おうとしているときは全く上手く声が出ない、疲れはすごいのに全然声が出ないということが起こるが、全然疲れてないのに声が出まくるときは無駄な力みを捨てられた時だ。その状態は色々な事柄に対して有効なのだろう。

3/29/2016 09:27:00 AM