中高生「なんで英語を学ぶ必要あるんですか(正論)」勉強に意味を求めた時点で負け確定

ダイエットを目的としたジョギングが続かないのと、ファッションに意味を求めるやつは基本的にダサいのと一緒で、意味を求めて上手くいくことなんてほとんどない。勉強なんて役に立つことなんてほとんどない。つまり基本的に無意味なんだからできるだけ点数が取れる、つまり必要と言われることをやることに全力をかければ良いだろう、何を自分で判断、考えようとしてるのかと、教師がそういったとか言いそうだが、そういう大人のいい加減な言葉を信用しない、裏を読むために頭が使えないなら何も考えてないのと一緒だ。勉強の意味を考えられるほど頭良くないから諦めてやることやれ。

興味なんかも必要ない。とりあえず強制されてるのだから、そういうゲームだと考えて、クリアを目指すのが一番重要だ。意味をもとめたらバカをみるゲーム。役に立つかどうかも不明だができれば賞賛されるゲーム。使いもしないし、意味なんかないのになぜか皆やらなくてはならない、そういうゲームだ。意味を求めたら終わり。ただそれだけのゲームだ。

なんの動機もなく、言われた物事をなすための訓練とか、そういう意味合いもあるが、そんな「意味」付けをしても負け。とにかく無心になってやりきる。そのための手段は別に問われていない。やり方は無限にある。さっさと何がわからないといけないのか明確にして地図を作って、自分がどこにいるのか確認して、覚えることは完璧に覚えていく、ミスしたら繰り返してミスを無くす、そうするだけで点数が高くなる。別に一個ずつ意味を考えられるから良いわけではない。意味なんかそれが正しいという世界でしか役に立たない。普通に生活しててもキチガイじみた人とコミュニケーションしてたら自分の持っている意味なんかなんの意味もないことがわかるだろう。

自分で判断、考えて意味を理解しようとすると勉強できないのに、「自分で考える力を養う」という名目があるというのは矛盾してるし、もう罠と考えて間違いない。将来的には自分で考えられるなら考えれば良いが……というのを先走って言ってるに過ぎない。無視したらいい。

まずは何も考えずにとにかくルールを見極めて最高の点数が取れるように工夫すること。おまけで、英語の理解や記憶の使い方、後から英文が読めるようになる、みたいなものが身につくかもしれないが、それはあくまでオマケであって、実際にやらなくてはいけないのは点数を取ること、これ以外ない。その優先度を間違えないというのが重要なのであって、英語が役に立つかどうかの意味を考えるのは無駄。考えた時点で負け。とはいえ、まあ、どうせ単純に難しくてできないから難癖つけてるだけで深く考える脳がない、能無しなだけだろう。

そもそもファッションなんて公序良俗に反したりしなければ、ユニクロとかジャージで良いのになんでブランドの服着たり、服屋を巡って良いものを見つけるのか、デザインなんて無駄なんだから、ウェブサイトを飾る意味なんてない、アニメ見たり、ゲームやることに意味なんかあるか……そんな例はいくらでもある。それでもそれが楽しくてしょうがない、意味なんか考えずにやりたいからやった人たちがプロとして活躍しているだろう。勉強も意味なんか考えずにやることやって、ちょっとした面白さが累積して、複利的に面白くなってる奴が成績が良くなっているだけだ。勉強の意味なんか考えてないだろう。無駄なことに労力は使わずに、とりあえず懲役くらったと考えてやるべきことやれば良い。しかもできるだけ利益を最大化するように、つまり楽に最大の結果が出せるように工夫する。そのことに労力を使うべきで、勉強のそもそもの意味なんか考えるだけ無駄。考えたら負けのゲームだ。

3/30/2016 09:56:00 AM