ブログですぐにそれらしいお題が見つからない時の発想法

まずは適当に最近あったことを思い出す。ウェブで見た内容でも何でも良いから、自分の中で言いやすいものがあれば、それを無理矢理でも広げて続けて書いていく。言いやすくないという場合はとりあえず掲示板とかツイッターで適当に書き残しておく。で、忘れる。

なんとなくいい感じで書き始められるなというキーワードが思いついたら、とりあえず全体がまとまらなくても書き出してみる。で、そこから全然関係なくても思いついたことを適当に書き出していく。支流にどんどん入って行って、思いのまま書いてみる。別に後でどうなるとか考えず、酷いことを書かなければ別にどうでも良いだろう。自分の書く欲求を満たすためだけに書き出しておく。

文章を書いている途中で詰まることがあるので、下手に言い回しなどにこだわらず、同じ表現が続いたとしても無視してかけるだけ書いていく。後で修正が面倒なのでとりあえず誤字脱字だけに気をつけて、書く。それもいつもは使わない言葉で書くとうまくいかなくなりやすいので、普段から書いている文章を無理なく書いていけば良い。かしこまったり、妙な言い回しなどを生み出そうとしないことだ。

あと、どっかの有名ブロガーみたいになりたいとか思わず、自分のオリジナルを極めるつもりでそれほど負荷をかけず、書くというのも良い。信じられない脳のつながりがやってくることがある。つまり、なんのキーワードもない状態でも構わないということでもある。これは。

ようやく本当のキーワードが出るのは大量の文を書き出したあとからだったりもするからだ。その気持ちよさを味わうためだけに書けば良いのだ。実際、いくら頭をひねって書いたところで大したものは書けない。ちゃんと外に出すものなんだから書かないと、とか気負って書いてもろくなことがない。続かない、結局何も言いたいことなんてない、苦痛、辛い、自分が続けられないというのを深層心理に刻みつけるなどなど……やるならどうでも良いから、やってしまえということ。最初から品質とかふざけるな、あるわけないだろ。

とりあえず、ラフ。ラフにダラダラ続けるしかない。それ以外でお題を見つける方法はない。まずダーっとやってみて、初めてここは省略できるとか、ここで自分は躓くとか、色々分かり始める。いきなりすごいものを作るとか、そんなに甘くない。軽い負荷から少しずつ難易度を上げていく以外に最高の地点に到達する方法はない。イチローの言うことなら「なるほどー」と聞くのに、自分でそれに有効に働くよう、設計したやり方で行動しないとは何事か。

3/29/2016 11:00:00 PM