三月だけで八十二記事書いていた

我ながら書きすぎだとは思うが、それでも書くことは無限に尽きない。というよりは「こうしなければならない」的なことがほとんどない状態で思いつきだけをひたすら書き続けているような状態だから、ストレス発散にはなるが、それ以上の辛さも何も感じない。こんなこと、辛かったら絶対続けられないだろう。

一日に書く文章が大体三から四くらいで、週末は一個書くか書かないか程度なので、平均的に四個は書いてないとこの数にはならない計算だ。ものによっては一日に一個しか書けないこともあるから、五個くらい書くときもあったはずだ。もうなんか、ずっと書いている感じだ。暇があったら。

実際どんな娯楽よりも気楽に楽しめるという、わけのわからない状態になっている。まあ、深く考えていないからだろうが、それに目的が素晴らしい記事を書くとか、大勢の人に来てもらうとか、賞賛が欲しいとかそういうのじゃなくて、単に書いてたら楽しいから書いちゃう、という感じなのだ。なんかもう習慣とも違う。明らかに快楽スイッチが押されている。次は何を書こうか楽しみでしょうがない。何も書くことが無くても、その書くことがないことをネタに楽しめるくらいだ。「こういう状況、感覚のときにどうやったら楽しくなれるのか」という実験や、心の動きの観察をずっとやっている感覚。

こんなに楽しいことはそんなに無いから、これからどれだけ続くのか知らないが、やれるだけのことはやってみようと思う。ちなみにほとんど意味がないが、数字をあえて漢数字にしている。この漢数字でどこまやれるかを見てみたいというのもある。

あと、はてなブックマークで何個かつけてもらったので、その表示をテキストでできるように改造してみた。apiをjavascriptで叩いているようだ。最初、二個以上なら表示できるとしていたが、それだと全滅するということに気がついたので、一個でもブックマークついていたら日付の横のところに表示されるようにしてみた。

あとはカウンターの背景色を黒にしてみた。試しにやってるだけなので、また変えるかも。アーカイブのリンクも同様にやってみたが、あんまりしっくりこないので元に戻すか検討中。

4/01/2016 07:00:00 AM