不要な要素は全て捨てる

オッカムの剃刀と呼ばれる概念だ。名前がそもそもわかりづらいんだが、それは置いといて、例をあげる。

必要なければ増やさない。

条件が同じなら増やさない。

自然は最短距離を選ぶ。

最低限の説明以上は必要ない。

何事も単純化すべきだが、やり過ぎは良くない。

物理的、精神的、どちらにしても不要な要素を捨てないと予期しない結果が生じやすく、機能を低下させたり、効率を損ねるので、物事から余計なノイズ、不純物を取り除く。目標に対して同じ結果が出るならできるだけ無駄な要素のないものを選ぶこと。ただしやり過ぎてカラ屋敷みたいになるのはダメ。

4/14/2016 09:01:00 AM