ブログの書き方を定義

好きに書けば良い。しかし、誰も続けられない。続けているのは一部の危篤な人だけだ。なぜそうなるか、他人の目を意識し過ぎているからだ。多くの人に見てもらえないと意味がないとかそういう不純な動機だと続けるのは難しいと思う。効果とか、意味とかそういうのを見つけても続けるのは難しい。

では何をベースに書けば良いか、簡単だが誰もやらない。自己満足のために書けば良いだけだ。

しかし、自己満足するまでの文章すら中々書くのは難しい。むしろ自己満足できたら書くのは難しくないとも言える。

ではどうすれば自己満足可能なブログが書けるのだろうか。

それは他人の目を気にしないというのと、自分の目も気にしないということ。まず他人の目を気にしないというのだけでもかなりハードルが高いが、それには簡単なコツがあって、流行りを調べないということ。いま話題になっていることを自分も取り扱えば人が興味を持ってくれるとか、そういう下衆な考えを捨てるのだ。

つぎに、自分の目を気にしない、これは他人の目を気にしないに通じていて、はるかに難しく、欺きがたいものである。だから、ごまかさない。自分がいくら考えても、大したことなんか書けないというのはわかるだろう。だから深く考えないように、御筆先する感覚で書き倒す。そうすると、自分はこういう風にカッコよく書きたいとかいう感覚が薄らぎ、力の抜けた、良い感じの文章になり、負荷が減っていく。

面白いのが、そうやってリラックスして書いた方が、あれこれグチャグチャと考えて、後々の自分に役立つことを、とか、自分に役立つことは他人にも役立つこと、とか考えて書くよりもはるかに自然で読みやすい文章になっているということ。考え暇がないほうが人はパフォーマンスが出せるのだ。

スポーツも脱力しないと本当の力が出せないというのがあるが、ブログで他者を意識して書くというのは、スポーツで素人が他者を意識して力んでカッコいいフォームを見せようとしているのと似ていて、害こそあれ、何の効果もない。滑稽だ。よほど変な走り方してたり、変な場所を走っていたら注目はされるかもしれなが、本人が辛くなってつづけられないだろう。

ブログは誰にも見られないということをまずは認識しよう。自分すら後で読まないから、どうでもいいものだ。じゃあ何でブログなんか書くのか、そう聞く人もいるだろう。意味を求めたらもう続けることもロクなこと書けないのでやめたほうが良い。

4/25/2016 08:49:00 PM