なぜテレビのテロップは右上に表示されるのか

グーテンベルク・ダイヤグラムの踏襲。……か、どうかは知らないが、人の目線は西洋的な配置が行われている場合、左上から右上をなぞり、左下、右下の順に視線が移動していくのだという。

常に表示されているものは、画面上でなるべく邪魔にならない場所に表示しておくべきであるが、下には喋った内容が表示されたりするし、左上は一番最初に視聴者が気にする時計が表示されていたりする。時計が必要ない夜の番組は左上にテロップが出たりする。時間帯によって重要な情報が変化するため、テロップの場所も変化するのだ。

イスラム圏ではこれが逆だったりするみたいだし、書籍の読み方に影響を受けるというのが一般的な感覚であろう。

左上が無意識でも最初に認識される感覚を利用して、映画では主人公の会話している背景の左上から何かが登場することで、下手にカット割りなどしなくてもインパクトのある登場シーンが演出できたりする。

4/11/2016 12:12:00 PM