先端恐怖症は本能

重度、軽度はあるが、人は皆先端恐怖症であると言われる。恐怖は高い集中力や思索を強化する。驚異として認識されると、防衛反応というか、反射的にそこから逃げる、対抗する手段を見つけなくてはならないので、集中力や思索力が増すのだと思う。

逆に先端を感じさせない丸みを帯びたものは安心感や好感度に効果的で、基本的に製品は丸みを帯びていたほうが圧倒的にこのまれる。

ただし、機能として、鋭くないとダメな包丁などは、丸みを帯びていれば良いといつわけではなく「これはよく切れますよ」という感覚を強調するために取手以外は鋭く薄くなっている必要がある。

4/07/2016 05:31:00 AM