結局iPhoneの何が世界を変えたのか

タッチパネルでアプリによってボタンを自由にレイアウトできるようにしたこと。最初は頭の固いやつらが物理ボタンがないと使いづらいとか言っていたのに、そのうち物理ボタンがついたスマホなんてなくなってしまった。

フレキシブルでユーザビリティに優れたコントローラーなんてiPhone誕生以前は存在しなかった。

そもそもそんなものは、物理世界には存在できないのだ。しかし、概念の世界にはある。つまり、適宜使う必要があるときにボタンが再配置される機能、インターフェースということだ。タッチパネル以外でそれは不可能だろう。

やることが最初から電話をかけるということだけに限られているのなら、物理ボタンで良いだろうが、何をするのかは自分で手にしてから決めるという使い方をするなら、フレキシブルなものにしないといけない。しかし、フレキシブルにしたければボタンは増えるし、デバイスも大きくなる、デバイスを小さくしたらボタンも小さくなって、キーボードが爪じゃないと押せないかなりのハードモードに……かといって、シンプルなボタンにしたら、電話をかけるだけで何回十字キーを押して数字を指定しなくてはいけないのか、など問題が山積みになるのだ。

それを解決するアイデア、ほら、アイデアとは複数の問題をいっぺんに解決する方法であると得意げにおっさんたちが引用したがるあの格言。あれをやったのがiPhoneだったのだ。

静電式のタッチパネルというコロンブスの卵で、「多芸は無芸」という概念をひっくり返した、そのために犠牲にすることはいくつかあっただろうが、単純に電話をポケットコンピュータ化させるというコンセプトにおいては最高にミニマルな解決方法であった。スタイラスがないから文字や絵が描けないとか言ってるやつは根本がわかっていない。

ユーザビリティが高くフレキシブルであるという不可能を可能にし、その際、感圧式ではなく静電式を選択することによって、スタイラスを不要にして、細かい入力をしなくても済むボタンをデザインした。だから最初の頃、iPhoneのUIデザインはかなり細かく規定があった。最近は周知されたからそれほど外れることは無いが。

もちろんスタイラスを使うことでソフトウェアキーボードや、電話番号入力などができる製品は昔から存在していたが、スタイラスベースなのでボタンが小さくスタイラスを使わないと押しづらかった。

今やあれだけ必要とされていた物理ボタンをつけた製品を探そうと思っても逆に難しくなっている。もちろん、一般人でこのユーザビリティを備えつつ、フレキシブルな機構であることを認識している人は少ないだろう。だが、これは有史以来の発明に近い、未来のスタンダードである。

もちろん全てがこのタッチパネルでなんとかなるわけでは無い。こういうイノベーションが起きた後、すぐ極端に全部タッチパネルで、とか、iPhoneでなんでもやる、とか言い出す意識の高いアホがわくが、そうではなく、二極化していくだろう。実はiPhoneは不可能を可能にした奇跡を起こしていたということに皆が気づけば、もう少しマシな製品、つまり後追い製品じゃないものができるだろうと思うのだ。

4/10/2016 08:17:00 AM