noteで文章の有料化

勝手に有料化すればいいが、普通の人間の書いた文章が売れるわけがない。売れるとしても、「アフィリエイトで何千万稼げる」とかいう下衆な情報商材的な売り方が大半だろう。

著者の人間性も影響する。一番良いキャラは、何とかして懲らしめてやりたいが、なに言っても暖簾に腕押しで、うまいこと攻撃できない、みたいな人が方々で煽りまくって炎上したり、シャツを燃やされたりして目立ちまくれば、素直で頭の弱い人を騙して稼げそうだが、そうじゃなければ無理だろう。そう、noteはハッキリ言って有名人じゃないと収益化不能なのである。

そもそもブログと有料記事で質を分けて搔き上げるほど器用なことができるなら、プロのライターになれる。noteの前にブログを書いてたなら、そのブログ記事が全てだ。それ以上の濃さは期待できないと思った方が良い。

それでも隠されると気になって読みたくなるから不思議だ。大したことはないが、隠す為だけに有料化するというのは人の好奇心を掻き立てるために有効かもしれない。

将来的にろくなことにならないとは思うが、ノマド(笑)とか言ってた人も今や就職を決めたそうだし、いつまでもフラフラやってうまくいくなんて、少数のそれこそ選ばれし者しか存在しない。宝クジ当てるようなものだ。自己顕示欲と、人を見下していたい欲求が異常なほど強い人間ならば挑戦してみるといいかも知れない。

しかし、その宝クジは人を煽ったり悪口を言ったり、年齢差別(笑)したりすることで手に入れるものである。当たったところで終わりでは続かないのでさらに金額を自慢したり、その金額の内訳を売ったりすることで継続するしかない。なかなか業が深いというか、どこかで破綻は必至だろうが、いつまで続くのかは楽しみだ。

4/20/2016 09:04:00 AM