ホームページを作たら面倒だが面白い

このブログ以上に簡素なホームページを作ってみたが、面白い。これで書式などを合わせていくと、統一感が増して、とても良い感じのページになるだろうと思う。

そもそもがテキストを書くための場所じゃなくて、アーカイブを目的としているし、作ること自体が目的という部分もあるので、何でも良いのだが、テキストを書くだけだったらあんな感じではできないと思うし、このブログの存在理由が無くなる。

まあ、FTPでアップするようなデータは、書き散らすテキストコンテンツを書くのには向いてない。もっとじっくり力を入れて書いた内容をアップすべきだ。

例えば正規表現だったり、覚えるのが大変で、基本コピペするような内容で、世の中に出しても問題なく、むしろ欲しがる人がいるかも知れないという内容だと良い。あるだけで助かる人もいるだろう。

例えば料理を作るというのがテーマのホームページで、正規表現やら、キャンプのテントやら、ファッション、プログラムの話がまとめられているとどこを見れば良いかいいか迷子になるので、なるべく一つの対象にしたホームページにすべきであるかもしれない。まあ、これを書くという縛りを設けると、書けなくなるかも知れないので、書けると思ったら何でも良いから書いておくというのでも良いかも知れない。だから、何でも良いとは思う。自分が楽しめるという内容なら何でも良いのだ。

更新の負荷をかけないというのが重要だ。だから、無理にコンテンツを作る必要も無いだろう。それよりはサーバーに問題が発生した瞬間にすぐに退避可能というのが重要だ。念のためバックアップを取りながら思う存分更新していくのが良い。どちらかが死んでも助かる可能性は高い。

自分だけに役に立てるツールとしてのホームページという考え方もある。人はニュースサイトとか、芸能人ブログとかに連れて行かれているので、アクセスには期待せず、匿名性は維持しておきながら、好きなことができるならそれで良い。カテゴリ分けも必要無い。

何かを体系的にその場から勉強しようという人も少ないだろう。

更新を簡単にするために進化したブログと同じような状態で更新しても意味が無いので、ホームページらしい更新の形態を探っているところだが、パソコンからしか更新出来ないということを考えると、コンテンツは限られてくる。

例えば携帯でホームページのコンテンツを作る場合、まあ時間が無いのでそれが主になるだろうが、メモのタイトルの頭にHPとつけておいて、それを順次アップ用のファイルとして書き溜めておくというのが良いかも知れない。どういう状態が自分が使う情報として使いやすいか、それを基本に考えて整理しておき、何度も繰り返すことで省略できる部分をハッキリさせておく。自動化はその後である。

5/20/2016 09:09:00 AM