情報カードやアナログメモの活用

情報カードという単語をみてワクワクしたので、色々調べてみたが、まあ自分の仕事にはまず使わないタイプの情報ツールである。必要なことはすべて携帯で事足りるので、アナログという選択肢はほぼないのだが、たまにWi-Fiのパスワードや、アクセスアドレスを調べてコピペしようにもできない形式で、一度入力欄を表示したら、また戻った時に入力欄がクリアされているというクソ仕様のドコモアクセスポイントとかを使うときにアナログメモが必要になったりする。

もし、料理をする人なら、積極的に使っても良いと思う。必要なレシピを情報カードにして、濡れないところにちょこんと置いて、確認しながら使う、みたいなやり方。自分のフォーマット決めて、ざっとまとめて、使ったら元に戻す。この繰り返し。料理とかファッションとか感性の良し悪しで判断されるようなものが大嫌いなので、まったく心惹かれないが、タブレットとか、携帯でレシピをいちいち見てる人は、作りたいものをまずはまとめて、それから利用するという感じでやってみれば良いだろう。

一番心惹かれるのはアイデア出すやつだが、ブレスト(笑)するなら、デジタルで配列に入れた文字列を乱数で表示して無理やりくっつけ、それで出来上がった文章を使ってやるのが良い。わざわざカードでやるのは面倒だ。

アナログの良いところというのは、レイアウトと、絵的なものを完全に自分好みで毎回変えて、必要に応じてフレキシブルにやれることであると結論が自分の中ですでに出ている。せっかくアナログで書き出せるのに、文字しか書かないとか、絵もできれば入れておこうとか、インデックスに合わせてカテゴリ分けしようとか、書き方のフォーマットとか気にしたりしてもつまらない。そのレイアウトに文字以上の情報というのも含まれているのだ。だから、アナログでやるべきことといつのは、保存性とアクセスのしやすさというもの以外、ほとんど存在しない。

アクセスのしやすさといっても、膨大な量の情報の中から自分の考えるたった一つの情報にたどり着く、ということよりは、電源を入れなくても良い、大体この辺という記憶を頼りにめくる、それで該当のものを見つける、という言語化しない、イメージでの検索のやりやすさ、ピンポイントで狙いうてないうろ覚えの記憶に対して有効である。だから、どうでも良かったり、滅多に使わない内容の中にアクセスするなら、デジタルよりも断然早いし、ストレスが少ない。

メモの恥ずかしさみたいなものもある。あんぱん工場に向かう電車内でいちいちアナログメモを取り出して、颯爽と思いつきを書き留めるとか、パッと見で「お察し」な人物であろう。携帯でメモが限界だ。アナログメモにはジョッターというカードにダイレクトにメモするものもあるようだが、何にせよ基本的に携帯を握っているので、そっちでメモする方が自然だろう。いちいちしまって、取り出してとやってたら思いつきも忘れる。

つまり、アナログがデジタルに比べて優位にあるものだけに使用用途を限って利用するというのが一番重要だと思う。何に優位性があるのかまとめると、電源不要で表示し続けられる。目に優しい。レイアウトが自由に決められる。イラストも図も好きに描きこめる。写真の貼り付けもあり。文字を書いた速度も情報の一部。画一的な作業には向いていない代わりに流動的。一度書き出したら自分の寿命が終わっても残り続ける保存性。言語化しなくてもルールに従って整理さえしとけば検索かけられる印象検索が可能……などだ。まだありそうだが。

つまり、情報カードに関しては、膨大な量の何かを取り扱うというよりは、重要な一つを言語化せずに目の前に提示するということのために使うのだ。まとめ中のまとめ、何かを膨大に書き出した後でハッキリわかる何かを書きつける。格言でも良いし、思いつきでも良いが、長々と書くのではなく、端的に一言で言い切るのが望ましい。

ノートはアナログで情報を固定化するために使うべきだが、情報カードは、どこかで考えて膨大な量の情報を出した後、見えてきた一言を端的に書き記して、それを組み替えられる形で残しておき、後で見直すという使い方が良いのだろう。メモはわざわざアナログでやらなくても良いし、アナログにすることによって優位になることにマッチしたらアナログを使えば良いと思った。

5/23/2016 04:32:00 AM