量が出せなければ質も上がらない

ブログの更新をしていると常々思うのが、量を減らしたからと言って記事の質が変わることは無いということだ。それよりも、量が出せる内容が自分の中である時の方が質も高くなる。数を絞ったから質が良くなる何てことはまあ幻想だ。

コンスタントにリズム良く紡ぎだす文章は質が高くなりやすい。大して苦労しないし、時間もかからない。下手に考えて無理な表現やら、ひねくれた表現やら、大仰な言い方や、人の目を気にした言い方など、そういう凝ったものがイコールで良い文章であるかというと全く関係無い。むしろ読みづらく、質を下げることにしかならない。

量が出せるということは、それだけ本人が負荷の少ない状態であるということだ。リラックスして書く文章のほうが、下手な言い回しでややこしい文章よりも全然良い感じになりやすい。

「質を上げるために一本の記事にかける時間を倍にしよう」とかいうのは、実験でやってみれば良いと思うが、質が上がるわけではなく、負荷が逆に高くなって、すぐに嫌になる可能性が高まる。

問題は負荷である。数字を気にするとか、人とのコミュニケーションとか、クオリティ(笑)とか、そういうのは全部負荷がかかるだけで、更新や続けることに関して有効には働かない。そうやって書こうとか言っているのは全部ファンタジーだ。

では何を動機に文章を書くのか。それは、書き出すことによって、ストレス発散、憂さ晴らし、閃きなどがあれば良いなあ程度で適当に書く。書くことがそのまま目的として利用されるように自分を持ち込むということだ。目的とかコンテストとか、どうでも良いのだ。とにかく、自分が書くことで何かしら得られる、暇つぶしでも良いし、書き出した量を見て俺スゲーやっても良いし、自由だ。しかし、書くことそのもの以外を目的とするなら、それは負荷しか無いだろう。

役に立つとか、どうとか、そういうことを考えると、役に立たない場合続けられない。目的を確実じゃ無いことにするというのがそもそも問題なのだ。自分のバイオリズムを見極めても良いし、続けられなくなるメカニズムというか、きっかけなどを探り、それをどうやったら克服することができるか、実験する。欲のコントロール方法を学ぶのだ。どうすれば良いか見つけ出すのは、無限に近い時間がかかるだろう。

これは「ブロガーとして出てきた人がまた続けられなかった」「うーん、残念だ」とかグズグズ言っている人に言ってやりたいが、目的は確実にやってくることに対して設定すること、それ以外無い。まあ、禁煙を成功させる最も簡単な方法などと一緒で、どうせ伝わらないからどうでも良いのだけれど、続けるというメソッドを自分で生み出すことに関しては得意なので聞く耳持ったほうがお得だぜ、ということだけは言っとこう。

5/30/2016 08:52:00 AM