反対意見ばかりいう厄介な人は……

かなり便利に使える。使えないなら提案者の頭が硬いかポンコツなだけだ。

反対意見は自分が考えもしなかった側面を見せてくれる。それをそのままそうだ、そうだというのはアホだが、違う違うというのはもっとアホだ。

ならばどうするか、その意見を検討して、それでも正しいと思う方向に納得できるように導く。感情だけで言ってる奴はとりあえず無視だが、普通に考えてそう思う、という人のいう事ならば問題無い。お互い気付かなかった概念を創出するためにはその意見も重要だ。

その際、相手のプライドを傷つける必要は無い。お前は程度が低いからこういう意見もわからないのだ、という風に持っていくな。俺の勝ちとやりたいならその提案は将来的にロクでも無い方向にしか進まない。

そういう意見も了解、こうならどうか、という提案をあえて反対意見に対して行うのだ。そうすると、最初から見えていた訳ではない事が見えてくるようになる。それが重要なのだ。自分が議論で勝つなんざ最終的にはクソの役にも立たないが、議論によってより強く物事を進められる確信を作るつもりで臨めば急にやっぱこうしよう、なんてアホな行動もしなくて良くなる。やっぱこうしようなんて事が出来るのは自分が強く言える場所で、ご機嫌伺いしか周りにいない状況を作らなければ無理だ。そういう状況では新しいものを生み出す事は不可能だ。

5/25/2016 10:00:00 PM