論旨とか気にしないで書くブログ術

文章には論旨がないといけない、何を言っているかわからなくなるからだ。しかし、書き出すこと、そのものが目的である場合、論旨は放っといて、思いついたことをダーっと書き出しても良いと思う。

目的は書くこと。書くことでストレス発散とか、指が速く動くようになるとか、何も無しで物事を考えていた時には思いつかなかったことが思いつくようになるとか、色々あるだろうが、とにかく最初の目的を書くということだけに絞ってしまえばいい。そこから生まれる派生物は全ておまけでしかない。

だからむかし話と同じで「昔々あるところに……」というのを常套句にしているように、ブログを書く時もそういうのを用意しておけば、特に書くことがない時でも、書き始めることができる。

書き始められたら、そこから何かしら適当なことざ が思いつくので、そういえば……という感じで大量に書き出していけば良い。つまり自分がどうしても伝えたいこと、とか無視して書けば良いだけだ。そんなものはある方が珍しいし、どうしても伝えたいことが何百とあるわけでもない。同じようなことを言い方を変えて言うだけである。

どうしても言いたいならメデタシメデタシ。それをひたすらいえば良いだけだが、言いたいことを言うのが目的ではないはずで、むしろ書くということを楽しむために書くだけだ。そうじゃないと続けられないし、やってる意味も少ない。どうせ誰にも伝わらないのだ。単なる勘違いで皆個人的な肯定感を抱くというだけである。その力を使ってお金儲けがしたいなら一生懸命やれば良いが、普通に趣味として文章を書くというのは、書くことが面白いと思えないと意味がない。

論旨を最初に決めた通りに書くことなんて、中々素人には難しいし、伝えなくてはならないと思っている論旨なんて凡人には大して無いのだ。あるとすればヒエラルキーを作って、最終の頂点にまつわる全てのことを細かく分けて、一個ずつ説明していく、ということではあるが、それも書くという目的にとってはかなり負荷が高い行為なので、続けるのが難しい。

続けられない、というのはイコールで死を意味している。死ななければ良い、そのためにはどんな方法でも良いから、とにかく生き残る、つまり続けるための自分なりのやり方を確立すべきだ。

大体始めたばかりの人間が陥りやすいのが、意味のあること、アクセス数が増えること……というあたりから始めるが、そんなものはどうでも良いことだ。よほど自分の能力や執着が高く無いとすぐに人は去っていく。多くの人にとって意味あることなんて少ないので、意味あることなんて目指さない方が良い。どっかで、「自分の役に立つことなら良い」とかいう話があったが、それすらダメだ。自分に意味があることもすぐに尽きる。意味があること自体求めてはいけない。つまり、論旨なんて決めてはいけないのだ。

とにかく書くこと以外はやらなくて良い。「ああああああああ……」と書くところから始めても良いが、無意味すぎる言葉の羅列も負荷が高いので、微妙に自分に意味の通ることを書く以外ない。その内容としては、思いついたことを適当に書くというだけだ。思いついたことなので論旨なんてはっきりしないが、何もなく関連があるので続けて書くことが難しくない。何年後の自分にとか、誰々を対象にしてとか、すぐに内容がなくなって塩漬けになるだろう。いくら意気込んでもどうせ大したことなんて書けないし。

どっかで聞いたようなことをそれらしく書くことでそれが可能になるかもしれないが、思いつきを羅列していく事よりも圧倒的につまらないので続けられない。

論旨なんか必要ない。自分が世界を救わなくても、世界を救おうと頑張っているブロガー(笑)は大量にいる。ユーチューバー(笑)も大勢いる。だから、書く、それだけをやってみて、自分の気づきているようで気づかなかったことを見つけるきっかけとする趣味と言うのが良い。金もかからないし。

5/12/2016 09:36:00 AM