ブログを書き続けることで生まれた新たな感覚

昔ははてなのホットエントリーに何度も入る内容のブログを書いていたが、相手のことを慮って書く内容というのは少ないし、続けられないということがわかりやめてしまった。しかし、尊師のアドバイスによって、何度も同じ内容でも良いと気づき、それからは書き続けることが可能になったが、少しだけ変化させる、いや、してしまうということでなんとか書き続けていると、一つわかってきたのが、自分の考えてもみなかった繋がりみたいなものすら出てこなくなってくるということだ。

またこのパターンか、という食傷感が出てくるようになるのだ。まあ当たり前だ。同じ人間が大して変化しない世界で同じようなことを書いていて、それで新しい発見が突如生まれるなんて事の方が珍しいだろう。だからといって、これ以外の心構えで書くことは今の所無いので、つまらなくてもとりあえず書いてみるというのが良いのかもしれない。

単純に膨大と自分なりに感じる文章量を書くだけでかなりのストレス発散になっているし、憂さ晴らしになっている。毎日が、少しだけネタ集め的な感覚で密度が増す気がするし。

こういう毎日の小さな心がけで少しずつ高みに登ろうとするのは良い感じだ。自分に合っている。毎日続ける方法を自分なりに作り出し、無理なくできる方法を作り出すのだ。辛さよりも面白さが重要。

ブログをつけていてなんとなく思うのは、過去の書いた内容をもう一度見に行って、それを元にインスパイアされて、また新たな記事を生み出すという流れは良いのでは無いかということ。毎回同じことをあえて書こうとしても良い。つまりは実験的に自分の中で決着をつけていくというのが重要である。

実験ができないならやる意味が無いということが最近わかってきた。そういう性格なのだ。やらなくてはならないということはやりたくなくなるが、やったらどうなるかデータを取ろうという心構えでやると幾分かマシになるのだ。どこまでどうなるか、いきなり人に聞いたことだけを盲信するのではなく、それを実際やってみて、成否を問うというやり方がむいている。どんなにつまらないことでも、そういうマインドで取り組めば続けられるのだ。

データを取るためにブログも書いているし、続けられている。なぜ続けられるかというと、続けることでどういう変化が自分の中で起こるのかがまだまだ未知なので面白いからだ。

しかし、この思いつきを何も考えず書き出すということをやっているとどんどん散らかって行って、結果どういうことに気付いたのか埋もれてしまうことが多いので、後で見直すという作業は必須となる。言い方を変えて毎回同じことを言うとかならそれほど心配が無いのだが、あの時何か凄い繋がりが見つかったはず、というのが見えなくなってしまうのだ。それをもう一度思い出したり、その時には気づいてなかった発想を思いついたりするためにもう一度見直すというのは重要だ。

後で見直すというのは目的ではなく、あくまで自分がどういうデータを作り出すかの実験として捉えるというのが重要なのである。そうじゃなければ個人的につまらない。

5/16/2016 09:19:00 AM