ミニマリストはモノを持たない人という勘違いについて

ミニマリストは何も持たないんじゃなくて、持ち物全てに強い意味があるだけだ。それほど強い意味づけができる持ち物というのは少ないので、自然と持ち物が少なくなっていく。だから、何も持っていないのがミニマリスト、という勘違いが生まれたのだろうが、モノを持たないだけでなれるほどミニマリストに必要な能力は薄くない、という事は言っておきたい。

無作為にモノを買いまくってゴミ屋敷になるのも、無作為にモノを捨てまくってカラ屋敷になるのも、どっちも同じ病気であり、世に紹介されるカラ屋敷の住人はミニマリストではなく、病気なのだ。本人は満足しているのかもしれないが、拒食症の人の身体を見せられているようで、いたたまれない気分になってくる。

どのミニマリストと言われるカラ屋敷の人も、最初は不要なものがないだけでスッキリして、良かったという高揚感というか、快楽のようなものを得たのだろうが、それがエスカレートしていき、結果、極端なカラ屋敷が誕生したのだろう。痩せ始めると楽しくなってやり過ぎて身体を壊すように、そして、個人的なトラウマやコンプレックスを払拭しようと逆方向に進み、病気は悪化していく。

ミニマリストに必要な事を箇条書きしても良いが、多分、カラ屋敷の人にはそれはミニマルでは無いと言われると思う。ものがかなりの量必要だからだ。

例えば、食洗機を買ったら、食洗機が動いている間使える皿がなくなるので、倍の数の食器が必要になるように、何かを簡略化することで、増やさないと成立しなくなることというのがある。モノを持たないという縛りを作ることでできなくなることも、不便になることも多いが、ダイエットで食べないようにしているものが多すぎて飲み会に参加することができなくなるように、別の何かを諦めないとどうにもならなくなることが多い。

無理してモノを減らすだけという馬鹿のひとつ覚えをやっても結果現実的でも文化的でもない。できるだけ管理のコストを下げるというのがモノを減らす理由なのでありモノを減らすことが目的になったら本末転倒だ。

本当に必要なモノに絞り込む、という思想無くしてミニマリストにはなり得ない。モノを減らすのはその後で、実際使ってないと思った時だろう。

5/09/2016 09:19:00 AM