iPhoneの保護フィルム実はいらないかも

iPhoneの保護フィルムが傷だらけになって、画面が見づらくなってきたので、新しい保護フィルムを貼ろうと今日店に見に行ったが、前はアクリルというか、プラスチックというか、柔らかい素材だったせいかポケットでこすれているだけでボロボロになってしまったので、今回は強化ガラスの保護フィルムが良いかなあとか思って物色していたが、高価すぎる。

四千円とか平気でするし、いくら安くても二千円以下のものがなかった。下手したらジャケットごと保護フィルムが買える値段だ。

その値段にげんなりしていて、とりあえず、どれが良いのかネットで調べてみたら、なんと、千円くらいのものもあるようだ。

で、さらに検索を深化させていくと、なんとガラス系の保護シートは角割れしまくって画面が割れてもいないのに、割れたようなエフェクトがかかったようになってしまうとか。たしかに細かい傷がついて見づらくなるのも困るが、危険性があるわけではないので、ガラスが割れて、指を切ったり、細かい破片で負傷したりする可能性を考えると、まったく欲しくなくなってしまった。

しかし、何か張らないとなあと、ぼんやり考えていたら、そもそもスマホのガラス面に保護シートを張るというのは想定されているのだろうか、と疑問になってきた。たしかに傷がついたら取り返しがつかないので、張っておきたいが、ポケットからの出し入れでこすれて細かい傷がついてしまったり、突如角割れしてたり、そういう面倒くささやコストを考えると、ちょっとくらいいいんじゃないだろうかと思えてきて、やっぱり調べると、そもそも保護シートなんてだれも想定して作ってないようだ。つまり最初から強度、硬度が高く、傷もつきにくいガラスで作られているということだ。

多分、ポケットでいくらこすっても、少しはみ出していたガラス面に一切傷がついていないことを考えると、落とさない限り大丈夫そうである。まあ、落としたら何着けてても割れるだろうがな。

なにやら安いのもあるみたいだ。Amazon価格なので、普通の店舗ではさすがに買えないとは思うが……


Beason iPhone6用強化ガラスフィルム【国産品質】 薄型 液晶保護フィルム

5/15/2016 01:00:00 AM