iPhoneからAndroidに変えられない理由

どうしても使わないといけないアプリがいくつかある。何個もAndroidバージョンはリリースされていないものがあって、日々やらないといけないことに支障をきたす。頑張って自分でウェブアプリとして作成しても良いが、その力はまだないし、あったとしても面倒すぎる。ただ、iTunesに紐付いた音楽というのはなく、自分で全ての音楽データを保存しているため、音楽に関しては問題ないが、アプリは生活のちょっとした時間を埋めるために必要なので、これは切実な問題となっている。まあ、アプリじゃないと絶対不可能か、というとそんなこともないので、別にウェブ上でやってしまえるならそれで良いのだが……。

文字入力に慣れていない。Androidでもまあフリックできるだろうが、その入力のニュアンスが違うので慣れれば良いのだろうが、慣れるまで一生懸命使わないといけない、そういう時間が面倒臭い。

自分でアプリを作ってしまった。大したものではないがアプリのようなゲームのようなものを作っているので、それを何とかAndroidに逃すためにデータだけ拾い上げてunityなどの代替ソフトにて変換しないといけないが、面倒でまだやれてない。

機体がどれもデカすぎる。小さいやつもあるが中華製のようわからないやつを輸入しないといけないので、面倒臭い。

アプリ開発のハードルは低いので、Androidでも良いのだが、nexus以外欲しくないし、nexusデカイし、nexus小さいのがでたら欲しいけど、出るわけないし。他の携帯はキャリアからクソアプリを打ち込まれてて、せっかくのメモリがほぼそのクソアプリに占領されている状態だし。それを消すにはハッキングしないといけないし、面倒臭い。

こうしてあげていってみると、どれも面倒でやりたくないことばかりだ。今以上に良くなるとか、面白いとかなら面倒も良いのだが、今と大して変わらない、もしくはダメになってしまうものが面倒だとさすがにやる気は全く起きない。面倒臭いが幸せとは世田谷ベースで言っているが、さすがにダメになるために面倒な手順を踏むのはただのアホとしか言えない。時間の無駄。

一言で言うなら、メリットがなにも無いのに激しく面倒臭いから……ということになる。

5/13/2016 09:25:00 AM