日本独自のOSは作れるのか

共同開発とかじゃなく日本が独自にOSを開発することはできるのか。多分今は無理だろうし、やる気もほとんど無いだろう。作る土壌としてはPCはもうおしまいだろうから、スマホとかになるだろうが、Google先生がタダでOS使わせてくれるのに、一から作る理由がそもそも無いし、作るとしたらdocomo傘下の素敵OSになるに決まっている。

メーカーは、一般人の考えることなんざとっくの昔に考え終わっている(笑)らしいので、そういうOSの話も無いわけではなかったのだろうが、誰一人得しないし、docomo様に開発したものを全部上納しないと業界で生きていくことも難しいから、誰も作らない、というのもありそうだ。予測だが。

どっかの日曜プログラマーが独自に開発してるかも知れないが、そんなものを取り合う人間はどこにもいないだろう。知らないが。

ソフトバンクあたりがオープンでフリーなLinuxベースのOSを開発して、日本人に合う、サイズの小さいスマホを作って、ストアで売ればそれなりに未来が見えるのだが、それもAndroidで良いや程度なので、もうダメだろう。

人類はコンピューターの新しい形を求めているのだ。iPhoneもポケットに入るコンピューターとして作られた。だから、コンピューターをどこに置くか、ということに関心とこだわりが無ければ、OSを適当に作ったところですぐに続けられなくなり、大量のゴミが出るだけで終わる。

時計にコンピューター機能がついても限界がある。画面が最低限も無いからだ。時計の文字入力ソフトに指にはめたキーボードで文字入力とかアホアイデアがあったが、それならスマホをもちはこぶだろう。

まあ、日本がスマホ用のOSを作っても謎の独自アプリが膨大に入って、まともに動かない感じになりそうなので、別に作らなくても良いと思う。

5/30/2016 07:30:00 PM