秘密基地としてのホームページ

秘密基地と聞くとワクワクしていた子供時代、もう帰ってこないし、大人になったから本気で金出して作ろう、という気にもならない。だったらどうするか。

仮想空間に作れば良いじゃない。……ということで、ホームページをそういう用途で作ろう。

用途、と言われてもどうすれば良いのかよくわからないので、とりあえずどうなれば秘密基地っぽいかということを考える。

とりあえずエロとかアングラネタ(秘密基地と銘打っているページのほとんどがこれ系)なのは無しで、健康的な内容で作る。睡眠欲、食欲、遊び欲、収集欲、物欲、金銭欲、狩猟欲、戦闘欲、創作欲、この辺が良いだろう。性欲は捨てておく。そういうのはいくらでもあるので、他に任せる。

仮想空間に作るにしても、実際の秘密基地はどういう感じで作られているのだろうか。都会はもう無理なので、田舎で考える。

例えば十万円程度で小屋を作ってそこに住むとか、自然にできた洞窟を利用するとかだろう。その中に何が入っているのか。

保存の利く食料、暇つぶしの雑誌、暗くなってきても大丈夫なように光……なるほど、基本は隠れて時間を過ごせるもののために自分の城を作る感覚である。強制される日常から逃げて、そこに隠れる、そういう場所であるべきだ。

だとしたら楽しめるものであるなら何でも良いということになる。やはり適当に作った作品を画像化したりして飾ったり、htmlで適当な装飾を作ったりして楽しめば良い。

ブログだと文章を書くということに関してはそれなりに良い感じに出来るが、それ以外の自由がそれほど効かないという弱点がある。

一応、PHPのサーバーを借りているので、そこで何かを書き出していくというのが良さそうだ。

適当で良い、適当な作品、と言われても、それをやる気が無ければ意味が無いから、何か面白いことを考えよう。例えばホワイトボードアートを飾るとか。適当な絵を描いて、それを展示する。

適当な絵を描くということ自体に何のモチベも無いので、帝国少年的なやつをやってみるか。それだとホワイトボードでは不可能だが。

漫画を一作品作るというのもやってみたい。フリーミアム式で。

6/03/2016 11:07:00 AM