iPhoneの売り上げが上がってAndroidが軒並みマイナスのワケ

同じ十万出すなら、iPhone。Androidに十万出したくない。つまりゼロ円スマホ禁止令が出てから、この流れは決定されていたと言える。

話を元から辿ってみよう。最初、docomo先生の思い通りにしたいから、メーカーは言われるがまま、Androidをメーカー独自規格の素敵スマホした、docomoからの通知だのウィルス対策ソフトだのでメモリを食いつぶす素敵なスマホだ。そのせいで、GoogleがOSにアップデートを施しても、メーカーが対応しなければ、一、二年でアップデート不能のゴミになる端末が完成。買い替え推奨時期と、同時期にゴミになるのを繰り返していた。その時はまだ良かった、docomoキャリアから離れられない人が多かったからだ。

他キャリアがどんどんiPhoneで売り上げを上げて、ユーザーも流れ出し、致命的にいなくなった。iPhoneは断固としてdocomoの素敵スマホ計画を拒否し続けたので、いつまでもiPhone販売不能が続いた。

しかし、なんとか折れて、ジョブズも死に、docomoがiPhone販売権利を手に入れた。iPhoneは評判が良かった。他キャリアに移動してでもiPhoneにしたい人が大量にいたのだ。当然だろう。ここでキャリアメールが瀕死になる。Gmailさえあれば、ほぼキャリアに縛られることはなくなった。時を同じくして、LINEやFaceTimeなどの無料コミュニケーションツールが大量に出回る。完全にキャリアメール死亡。

iPhoneがあるなら二年毎にゴミにされるAndroid、半分壊れた製品しかないAndroidよりもiPhoneを選ぶだろう。iPhoneはすこぶる評判が良い。何世代もOSが対応するし、iPhone4Sは未だに動いている。これは二年でゴミにされるAndroidではありえない。

また、運がいいことに安倍政権誕生で、ゼロ円スマホが全面禁止、定価で売らなくてはならなくなった。こうして、一部のスペック()を重んじる気味の悪い人を除いて、Androidに十万も払いたくないという意見になったのだ。

Androidがスペック()で十万払わせようとしても、すでに過去の犯罪めいたデバイス糞化計画のせいで、すっかり信用を無くし、それならもうちょっとマシなiPhoneにしておこうか、ということで、今の感じになったのだ。

6/13/2016 08:45:00 PM