自分でウェブアプリを作ることで記事の更新がアプリを使う三倍ほど簡単になった

現在、bloggerを使って更新しているが、これを完全にウェブに移行する計画を立てている。理由としては、広告は無いものの、bloggerだと完全に自由な構成にできないからだ。インデックスを軽くするために、必ずmoreタグを最初に挟み込む手間もある。更新が簡単だったらそれで良いわけでも無く、アプリを使わないと更新するまでが面倒で、どうしようもないので、アプリを使っているが、アプリがOSの更新などで動かなくなってしまったら、この更新フローが非常に面倒になる。

最高に簡単にいける方法を考えると、やはりウェブ上から簡単に更新できるようにすることだろう。だが、その時にデータベースを使うとなると、金額が軽微ではあるが高くなるので、テキストファイルでログを作った方が生存期間が予算的にも二倍近く長くなると思う。

全UI、システムを自分で一から構築するので、大変ではあるが、完成したら他では絶対手に入らない、完全自分だけのシステムとなる。人に使ってもらうようなものではないので、気楽に作り出したい。

このブログのデータはあるところで終了して、そっちに完全に移行するのが目標である。関数を改変しまくって、ちょっと目を離した隙に、せっかく作ったアプリがゴミにされる。これ以上、アップルに開発費を払うのもそろそろバカバカしいので、今年で終了する予定だ。そのあとは、アンドロイドで、nexus7の2012年くらいのデバイスがあるので、そっちでアンドロイド開発をしようと思っている。iPhoneはもういいや。

今App Storeで公開しているゲームをAndroidデバイスで動くようにunityで作り直そうと思う。レスポンシブデザインでいくつもりである。万が一、人気が出るような作品が作れたら、またiPhoneで開発するかもしれないが、とりあえずは計画が無い。

RPGツクールでも作品を作りたいが、携帯でやりたい内容のものが今の所思いつかないで、絵的なものやシステムは作れたが、これをやりたいと思えないというのが一番の問題である。やはりシンプルなものが良いが、まだ思いつかないので、とりあえずはあれこれ考えるだけにしておこうと思う。

……ということで、いつどうなっても大丈夫なようにウェブのシステムを利用するというのが最も生存率を上げる方法であるというのがわかってきた。時代を超えて生き残ろうと思うなら、十六年以上前から動いている仕組みを利用すべきである。

そういう意味ではVBがいまだ動くWindowsも良いが、何か問題があった時の更新がコンパイルしなくてはならない、新しいソフトをインストールしなくてはいけないなど、ちょっと硬すぎるので、職業プログラマでも無ければいまらさやめた方が良いかなと思う。

7/14/2016 09:20:00 AM