初めての一人暮らしの時の荷物を今ならどうするか

人生経験が増えて、一人暮らしで絶対必要なものというのがわかってきた。昔は必要かどうかもわからず、適当に買えるだけ買っていったが、実際必要だったものは少ない。一人暮らしで必要なものをここでもう一度考えてみよう。思考実験である。

まずはワンルームを借りよう。玄関から入る。靴はフォーマル一足、スニーカーを一足か二足くらいか。ニューバランスで良い。見た目は芋のようだが頑丈だし無難。

学生用の安い物件に多いが、借りた部屋が電熱器で、ガスで調理する台がなければ、電熱器の上に下駄を履かせてカセットガスコンロをおく台が欲しい。そうじゃないと電熱器じゃまともに調理できない。自炊しなければ金がもたない。冷蔵庫は備え付けのものがあればそれを使うと良いが、ない場合は小さめのもので良いが、冷凍庫が付いていること。その上に電子レンジ、炊飯器が置けること。

ワンルームはユニットバスが普通なので、風呂便所別物件は考えてない。ユニットバスならシャワーカーテン、石鹸ボトル。トイレットペーパー、便所洗いのタワシ棒、風呂掃除用のスポンジ。洗剤はバスマジックリンと、便器用の奴。兼用しても良い。洗面台もあるはずなので、男なら電動ひげ剃り、ワックス、歯ブラシ。フッ素入りの歯磨き粉。コップは無くていい。

洗濯機は乾燥機付きが楽で良いが、部屋干しを基本とすれば部屋干しの洗剤を使う。体には良くなさそうだが、せっかく洗ったのに雨に降られたら最悪だ。なんの意味もないしというかマイナスだ。部屋干し用の干し台を購入しても良い。

リビングは現在はノートパソコンがあれば事足りるようになってしまったが負荷の高い作業をする場合、昔と同じ構成になりそうだ。その処理を諦めるのは無理というのがわかってしまった。要は自作パソコンと、コタツ卓と、布団という構成だ。一人暮らしなら結局、ノートパソコンはいらないという結論に至った。自作パソコンかモニタでテレビは見れるのでテレビは不要だ。自作パソコンは母艦として使用し、閲覧用の持ち出しデバイスとして携帯電話を使う。昔と同じである。さすがにiPhoneや、iPod touch以前は持ち出しても映像が汚すぎて見れたものじゃなかったので持ち出すことは少なかったが。あとはネット接続用のルーターがあれば完璧だ。

最低限はこんな感じで、あとは趣味のものや、掃除機くらいか。

8/10/2016 02:45:00 PM