思えばミニマルのイメージは常にこのアルバムのジャケットだった


Beaucoup Fish

昔、自分でサイトを作ろうと思っていた時、何やらミニマルという言葉がなかったが、とにかく「禅」や茶室のイメージが想起されるようなホームページを作りたいと思っていた。

コンテンツは面白い文章や写真、イラスト程度で基本は空間に浮遊しているシンプルな世界の破片みたいなイメージを作り出したかった。一言で言い尽くせないが、イメージとしてはunderworldの上記アルバムジャケットみたいな感じ。

今なら似たようなイメージを厚かましくパクるところだが、自分でその感覚を作り出したかった。ジョブズが生きていた頃のApple製品を買ってきて箱から出す時の感覚を欲していた。

今やそういうイメージというのは色々なところで見る事ができるが、当時はそんなものを作れるとは思ってなかった。諦めてもないが、どうやって作れば良いか検討がつかなかった。

取り敢えず作ってみたサイバーな見た目のホームページも何だか違う感じだったし、ブログも今のような感じでもなく、あくまでも日記の一部みたいなコンテンツとして独立していた。それそのものを母艦として成立するようなものではなかったのだ。

それに携帯はあったが、それ専用のサイトを作っていたし、今のレスポンシブが作れるようになるまでは全くやる気にならなかったのも事実だ。上記イメージがしかし全てを物語っている。あの当時目指していたのはその印象だ。禅でありながらもサイバーな感覚を持っている。

その領域にどうやれば到達できるのか、今となっては古臭い印象なのかも知れないが、個人的には良いと思っている。久しぶりに見ても良いなと思った。

8/31/2016 07:55:00 PM