ミニマル空間の心得

ミニマリストの定義は必要最小限ということのようだが、そのミニマリストを構成する空間はどういう心得によって作られているのかを明確にしておこう。ミニマリストは下手すると必要な物まで捨てる変態になったり、購入しては捨てることに快感を得る過食嘔吐系の病気になる危険性も孕んでいる。それがミニマリストではない、というのはわかっているが、だからといって危険性がないというわけではない。手段や、心構え以上にミニマリストというものを目的化してはいけないということで、明確化しておきたい。

一、自分が持っているものを明確にする。自分が何を持っているか明確にしないことには必要最低限はわからない。何を持っていて、何を死蔵して、何を活用しているのか、どうしてもないと困る物は何か、それらを明確化することだ。ここに喜び、興味、動機が見出せないならミニマリストにはなれないので、いつか使うものを想定して整理整頓していれば良い。

二、持ち物を全て活用し、積極的に減らせるものは減らす。使うものしか外に出さない、机に置かない。使わないものは取り出しにくい場所に置いて時が来たら捨てる。そうすれば勝手にすっきりとして何もない部屋になるだろう。

三、何かを購入するときは、前に持っていたものを破棄すること。ミニマリストだからといって何も手に入れてはいけないわけではない。購入しても良いだろうが、それは今まで持っていたものを省略して、スペースを広く使えるようにするとか、最低でも代替品として前から持っているものと交換、古いものは破棄する、ということをしなくてはならない。もったいないなら買わないことだ。有限の世界に何かを増やすということは何かをあきらめるということでもある。全てを並行して同時に最大限使いこなすなんてありえないのだから、自分がやりたいことに集中するため、無駄なものをはぶくということを心がけたい。

四、最低限を常にキープするために努力して、要らないものを死蔵して管理することに労力を費やさない。ミニマリストは管理しなくても良いように、自分の最小限を明確化するのだ。管理が必要なのは、自分のキャパを超えて、目を離したら勝手なことが起こる場合、確認を繰り返して、エラーやミスが起きてないかをチェックすることである。だから最大限をキープしていれば、それが自然とできているということでもある。自分のキャパを超えることはない。しかし、キャパを超えることが楽しみという場合もあるだろう。趣味とかコレクションとかだ。コレクションをしていたらミニマリストとは言えない、というのは早計すぎる。ミニマリストはやりたくないことを必要最小限にしたいだけで、それで空いた時間や手に入れた時間を好きなことに使うものだ。それがコレクションなら別にやっても良いが、それも無限に所有する必要はなく、本当にずっと置いておきたい、大事なものに限るという感じか。全てを欲しがるのはミニマリストとは違う。キャパを超えるからだ。好きなことに集中するために必要最小限にとどめるということであれば健康的なミニマリストになれる。物を少なくすることのみが目的化すると拒食症のような状態になるのだ。

8/23/2016 12:39:00 PM