YouTuberには特に憧れないが

ああ言う形態の楽しみは良いと思う。まあ、遊びとして世界配信して多くの人にみてもらって、しかもお金がもらえるならかなり良いと思う。誰も見なくても良いと思う。

しかし、ニコニコでやってた某料理上手な人はなぜYouTubeでやらなかったのだろう。まあ当時はそれほどYouTubeは外国のもの感が強くて、日本人が率先して楽しむ感じじゃなかった。他のサービスに比べて圧倒的に厨が多いし。アップロード側が忌避するのも頷ける。

しかし、最高に良い感じの料理作り、しかも自分が実際やってみたいと思うような感覚になれるなんて稀有なものをやってくれるので毎回楽しみだった。しかも顔出し全開でドヤってくる昨今のヤツとは違い、顔どころか、声も出さないで、抜群に面白いコンテンツだ。YouTubeなら映像を貼るのだが、ニコニコなので残念貼ることはない。

ブログは才能無くても適当に文章を書けば形になるが、YouTubeは映像をまずは作成することから始めないといけない。機材的には揃っているが、それほど面白いものをこの状態で作るのは難しい。

例えば言葉とか、実況とか、色々作るとか、そういうのやり始めても、最初の準備みたいな物が結構重要で大変になってくるから、それならブログで適当に言葉と写真で良い、後でやり直しも簡単だし、多くの人に伝えられるし。

しかし、写真ではダメなものというのがあって、手元を動画で撮って、何かを制作していく工程みたいな物は写真と言葉では伝えきれない。

カラオケでも良いかも知れないが、個人的な楽しみかつ、誰かに見て欲しいものではないし、声がかなり特徴的らしいのですぐ身バレする。

まあ、よほど酷い歌なら笑われて終わりだが、ああいうところにアップする人は自信がある歌しかアップしないし、嫉妬した人に暴言言われても対処に困るだろう。本当に酷いなら笑うか聴くのやめるだけで、暴言なんて吐かない。何人かの上手い人の動画を見る限り、暴言吐くヤツは大体嫉妬だ。

百人程度の素人のカラオケ大会なら絶賛食らう自信はあるが、プロになるようなレベルではない、そして人に見てもらいたい。それくらいがYouTubeに動画投稿するのにちょうど良い。

どうせならそういう恥ずかしい体の張り方するんじゃなく、声も顔も出さずに手元の作業だけで非常に面白いコンテンツを作る人になりたい。

8/22/2016 08:05:00 PM