本当に経験がなくても知識だけで賄えるのか

技術に関してはまず無理。知識というのは本や映像で手に入れられるが、それは誰かのフィルターを通した文章や映像なので、製作者がどう考えたかの知識しか手に入らない。それで良い、例えば旅行記や食道楽で珍味食い、危険を伴う作業の体験談、野生動物との遭遇、事故などの知りたいが経験はしたくないようなものなら知識だけで良い。一概に経験が必要なことばかりではない。

わざわざ経験しなくても避けられる危険は避ければ良い。わざわざ牛追い祭りに出かけて行って牛に追われる必要は無い。日本にいたらまず牛に追いかけられることは無い。危険を避けるため、酷いことにならないようにあらかじめ用意、準備するために知識というのは必要だ。何もしないなら技術も知識も必要ないのでどうでも良いが、眺めるにとどまらず少しでも関わることがあるならば知識を持った上でことに当たるのが良い。

乱暴に言ってしまうと知識だけで何とかなるものは大したことでは無いということでもある。知識を仕入れるのがあって、それから実際にやってみてちゃんと出来るかどうかを確かめるような流れであたる物事が意味のあることともいえる。

危険を避けるにしても、本当に避ける為の行動にまで及ばなければ知識で知っていても役に立たない、まず知識は重要だが、それだけでは無理である。

楽しみのための純粋な知識はそれだけで楽しめるので良いのだが、少しでも普段の役に立つ知識は、役に立たないと面白く無いので、知識としても二流以下である。一級品の知識は実生活に全く役に立たないものであるということが言える。

知識だけでは技術は賄えないが知識だけで何とかなることはそもそも大したことでは無い。誰にでも再現可能ということだから、知っていれば良いだけ。

技術力というのは経験が非常に重要ではあるが、知識の組み合わせであるアイデア創出は知識の膨大な量に加えて、組み合わせの経験が必要であるのかもしれない。

9/14/2016 09:11:00 PM