ミックスボイスの声の音量大きさ

それほどミックスボイスはデカくない。無理に大きい声を出そうとしたら変な力みが入ってコントロール不能になるので小さい裏声っぽい歌い方で慣らして少しずつ力を「入れずに」大きする方法を探っていく感覚で大きい声量になるなら大きくしていくのが良い。

そうしないとコントロール不能になるのだ。張り上げればいいというわけでは全くない。最初から力んだり張り上げていると単なる音痴みたいになりやすいので、自分が音程を完璧にコントロール可能な音量で慣らして、だんだんと声を通せる様になっていけば良い。

ミックスボイスは基音と倍音を合わせるミックスだからミックスボイスである。基音は裏声ではないので、高低関係なく丸みを帯びたオペラ声であり、ミッキーマウスの声真似の様な声でもある。倍音は郷ひろみであり、呪怨の子供声でもある。基音の高音部分が裏声になるが、閉塞させ過ぎていて音程が取れないし音域がショボイので、あえて使う時以外は裏声では歌わない。基音と裏声は明確に音域が違うので、聞こえる声が小さい時は同じ様に感じても、本人には全然違う伸びを感じることができる。基音での高音は張り上げなくても楽に出せるのに対して、裏声の場合は閉塞のせいで大声になってしまう。倍音の一部に地声が含まれるが、これもまた音域が狭いので、明示的に声の響く部分を鼻と喉の間あたりにぶつける感じで出すようにする。低音から高音まで自在だが、高音は艶や芯がないペラペラ声、低音はブリブリになりやすい。この二つを混ぜることで作り出すのがミックスボイスだ。最初はミックスボイスと言えど音量はそれほど出せない。

音量を出さないようにあえて小さい声から限界を探り、コントロールギリギリを繰り返すと少しずつ音量が大きくなってくる。いきなりでかい声を出しても喉を痛めるだけで、練習にならない。喉は大きい声で痛める事で鍛えられる事はない。正しい発声でコントロールできるようになって、適材適所をいたわりながら鍛えていくような感覚に近い。変な部分に偏った力がかかるとポリープになる。二度とまともな声が出なくなる。

つまり、ミックスボイスは大きい声でいきなり歌える魔法の発声法ではないということだ。最初は変わった裏声程度の発声で良い。ちょっとずつ鍛えていくものだ。天才的な人はこの発声で生まれつき声が出せていたりするので、いきなり歌えたりもするが、きちんと学んで出せるようになった人の方が体系化したり、再現したりしやすいので、最終的には音域のコントロールが自由自在になったりする。とにかく声の鍛錬に関しては急がば回れがそのまま言える。

9/16/2016 10:02:00 AM