ミックスボイスはどれくらい力を抜いて出すものか

歌を歌う時、力むと全く声が出なくなる。力を入れて出る声は地声の延長、もしくは裏声の延長、締め付けて出す声である。これでは音程を取るどころではないし、歌声にはならない。歌にもならない。

力は抜かないといけないが、力を抜くだけでは全く通らない声になる。力を抜いた状態で、声を大きくするように心がけていく、力んでも大きい声にはならない、脱力した状態で大きくなる部分を見つける感覚。

そして音が通る部分を見つけて喉を響かせるようにしていく。そうするとまともな歌声になっていく。響くようにしていくと喉への力は一切かかった感じではないが、かなり大きい声になっているのがわかる。

難しいのはここからだ、ある声ではそれができるのだが、音程を変えると急に音が響かなくなり、小さい声になり、裏声っぽくなる。そこで無理に喉を締めて強く出そうとすると音程が取れなくなり、それでも無理に出そうと繰り返すと喉を潰す。

脱力した状態は常にキープしながらありとあらゆる音程で一定の響きを目指して喉をコントロールしていくことだ。全てはミックスボイスで歌える。ミックスボイスというと高音厨が好んで使いたがる印象だが、全てのボーカルがボイトレで出せるようにする声はミックスボイスだ。個性のない基音と、その人らしい声の主成分である倍音、この二つを合わせることでツヤのある響く声が出るようになる。

地声で歌える歌が限られているというのは誰でもわかると思うが、裏声も限られている。その二つを合わせるのがミックスボイス、という勘違いをしていたら何年たってもまともな声は出せない。基音は高低関係なく自由に出すために研究された歌のための声の出し方で、生まれつきこの声で喋る人もいる。倍音はおなじみの地声の声に近いが、あえて出さないと本当の倍音は出せない。成分として強い声があるのでその真似をすると良いだろう。基音で完璧に音程を捉えて歌えるようになったら、倍音を混ぜて爽やかな印象にしていく。

そしてある程度かっこよく歌えるようになったら、今度は「張り上げず」にシャウトできるようにしていく。うまい喉の使い方、コツみたいなものがあるが、ここは人によってかなり出し方が違うので、下手にやると喉を痛めるので無理にやらない。喉に力を入れずにシャウト、張り上げずにシャウト、これができるようになったらほとんどのロックがかっこよく歌えるようになる。

力を入れても大きい声は出せない。大きい声は出し方と、響かせ方で作り出すものである。ミックスボイスを出す時に力を入れる感覚は全くない。しかしものすごく声量とツヤのある伸びる高音、低音が出る。力が入ることもあるが、そうなると失敗。喉がつかえて声が不安定になる。聞き苦しい声になる。

喉をある状態に持っていくコントロールのための適当な力が入っているだけで、必死で喉をなんとかしようとするような力は一切入ってないのだ。

9/26/2016 10:24:00 PM