ニンテンドースイッチ発表

テグラ搭載ということで、世代的にはPS4の半分から九割程度の性能があるのではないかと言われている。据え置きかつ携帯用のデバイスとして利用可能ということだ。

個人的には携帯にはデカイし、据え置きとしたらブルーレイ再生も出来ない拡張性、性能に疑問があるのでイマイチなデバイスと思ってしまう。家で最新のニンテンドー製のゲームを楽しみたい人には良いのかも知れない。

しかし爆熱の予感がするので持ち歩きはためらわれる。ニンテンドーの枯れた技術の水平思考でうまくおもちゃを作り出す感覚がすでになくなり、最新鋭を中途半端に追いかけ始めた印象が強いが、大きなマーケットになれば良いなとは思う。PSP並みに拡張性が高いものを期待していたがそうでもなさそうだ。

今、携帯ゲームを外に持ち出して楽しむ人はゲームの幅が広がって良いのかも知れないが、アクションゲームを外でやろうと思うことはないので自分としてはイマイチやる気にはならない。

売るための策というのが気になるが、そのまま素直に良いコンテンツが出たら日本でも売れるか、というとそういう感じでも無いと思う。売る先が世界ベースになっているなら売れるとは思う。リビングで楽しむのに加えて、外に持ち出して楽しむということで遊びの幅が広がる。

日本では携帯ゲームは電車移動の時に遊ぶもので、家で遊ぶなら据え置きのゲームはすでにあるし、電車内なら手軽なパズルゲームが大量にあるのでそれを奪う必要がある。やはりライトユーザー向けでは全く無い。ハイエンドなニンテンドーゲームファンのプレイヤーを外でも遊ばせるための物になっている。

物理コントローラーを持つデバイスは良いとは思うが、インディを含めて開発を簡単にしてハイエンドにこだわらないというのがこれからのトレンドでは無いか。

売れるかも知れないが結局はニンテンドーのゲームをするためデバイスといういつものパターンは安定している。

10/21/2016 09:32:00 AM