最も簡単なブログ更新術

ブログ更新をやめてしまう一番の原因は、時間をかけて書いても無駄だなという思いがよぎることにある。だから、そういう思いが出てこない工夫というのが必要にはなるのだが、それには更新の速度を上げて全く時間をかけずにダーッと書き出せるようになるスキルが必要である。

誰かを楽しませようとか、どうにかして上手いこと言おうとかするとなかなか筆が進まなくなってしまう。だからと言って適当に書けばそれでいいかというと、虚しさみたいなものが今度はやってくるようになるので、あまり適当なことも書けない。

やはり本当に思っている嫌だったこととか怒りとか感情が個人的に動いた部分に対して言及していくというのが一番の更新の方法だと思う。

誰かが喜ぶから書く、というのも誰かが喜んだ姿を見たり報告を受けたからそれに対して自分の感情が良い方にふれるということであるから、その感情を求めて執筆するという事なのだろう。

書いている時が一番次のネタを思いつきやすいという事でもあるので、書くのをやめなければいつかまた面白い何かの繋がりが見つかったりするようになるのかもしれない。無駄な時間を過ごさないため、空白の時間はずっと何かを生み出し続ける、そういうのも面白いかと思う。

本当に必要な思考というのは狙い澄ませて、何度も何度も繰り返し、精度を上げて初めて発表するという事なのだろう。しかし、それでは満足できない。膨大な考えの中から抽出した一滴を溜めて、それをひと瓶分にして素晴らしい文章を残し消えていくという事も可能かも知れないが、趣味として適当に自分の思った事を書き連ねていく目的としてはそれほど良い文章を書き続けたいというハードルは設けていない。

連続でどこまで続けられるか、とかも考えていない。同じ事を適当に書き続けたらどうなるか、そういう実験的な感覚で書き連ねていくだけだ。文章が所々おかしくてもどうでも良い。繋がりがおかしくても、最後らへんで何を言おうか不明になっても、言い方がおかしくてもかまわない。一番重要なのは漫然とした時間が全て生産に変わるということ、次に何かが見つかるかもしれないという事、人と喋るのが得意なひとはそれを会話の中でやるのだろうが、2ちゃん程度しかまともに会話してくれる相手が見つからない場合、やはりブログで瞑想するように文章を紡ぐのが良いのではないかと考えている。

11/30/2016 03:02:00 AM