MicrosoftがiPhoneに対して完敗宣言

モバイル事業は失敗したと認めたそうだ。ハードウェア事業の参入が遅すぎたとのこと。それだけではないと思うし、まだ始まってもいないと思う。

スッキリとしたOS、Linuxを超えるOS、Windowsそのものに影響を与えない新規のスーパーOSを作れば良いのに、体力も技術もあるのだから、ぜひそっちの道に向かっていって欲しいものだ。しかしセンスが足りないという致命的な部分がMicrosoftには重くのしかかっているのは間違いない。だから昔頑張ってMacの良いところ取りをして軌道に乗せたWindowsみたいに、Macの良いところをパクれば良い。もちろんAndroidをパクっても良い。巨人の肩には乗るべきだ。コンピュータを作りたいなら、コンピュータを見ていては作れないが、Microsoftはコンピュータしか興味がない天才が集まる場所だ。知らないが。すでに出てきた自然科学をコンピュータに取り込んだ天才的なOSがいくつもあるのだからそれらを真似れば良いだろう。下手に自社の特長やこれまでの資産を使おうとは考えず、ぜひ今の携帯が持っていない主流を見つけ出してそこにアクセスしてもらいたい。個人的には、ジョブズの考えたベストの形である四対三の比率のiPhone4Sの後ろ部分がアールを描く持ちやすい携帯にしてもらいたいと思っている。そしてシンプルなラインナップだ。シンプルだから多くの人がiPhoneに熱狂した。キャリアが対応しない、金額的に手が出せなかった人がイマイチなAndroidというのが元々の流れだったのだ。そこの構造も崩れてきた。すでにiPhoneが最盛期を過ぎ去り、もう期待値も低い。

Microsoftにはこのタイミングでぜひ小型かつ持ちやすさにこだわった携帯を企画して出してもらいたい。Windowsにこだわる必要はない。携帯から始めても良い。Windowsの巨大な資産を捨てる訳ではなく、一旦置いておく。そうして良い感じに市場が巨大化してきた時に対応を考えると良いと思う。

11/07/2016 07:50:00 PM