最短距離で文章を書く方法

一番簡単なのは取材の必要が無い自分の考えをそのまま打ち込むタイプの文章である。自分が考えたことであれば何の引っ掛かりもなくそのまま書きつけることが可能である。

本当に思ったことしか書かないということも必要になってくるので、書けるタイミングが限られる。また体調や調子によっては全く手が進まない場合が多い。次の言葉が思いつかない、なんて言う言葉が適当か、辞書を調べたり類語を調べたり……そういう感じで中々進まなくなることもある。

思ったことといっても、自分が考えたことではなく誰かの受け売りの時も難しい、あとはパターン出しの時とか、知能を使う必要がある場合は難しくなっていく。

何も考えず羅列できる内容とはいったい何か、それがはっきりした場合に最短距離で文章を書く方法というものがわかるだろう。思考なしで無限に書き出せることなんて人によって全然違うので個人で頑張れとしか言えないが、自分の強みというか思考のパターンを見つけるのはやっておいたほうが後々役に立つことも多いだろう。

2/20/2017 09:23:00 AM