新しいMacBook Proを認められないのは老害か

老害と言われればそうだろうが、世の中には流れというものがありそれを完全に無視するという事は反発があるという事だ。

ホスピタリティの高いパソコンを目指すならば当然HDMIは必要になる。type-cに対応しているモニターが存在しないからだ。その時期最も流通しているインターフェイスを無視するなら巨人の肩に乗れないという事で、自らが巨人になってデバイスをばらまくしか無い。

まあ細かい事はどうでも良くて、単純に他のデバイスと接続しようとしたらアホっぽい接続ハブ(USB、HDMIなどが接続できるやつ)を持って行かないといけなくなるという事でミニマルでは無い。流石にCDドライブは今時要らないとは思うが、持ち運びが主たる目的ならば、外部デバイスを接続するのは何のストレスもなく機体そのものについていて欲しいものだ。まあ確かにHDMIが標準、どこでも接続可能とは思え無いので、どうせ何かしらの接続ハブを使用するなら環境によって切り替えられるほうが良いだろう。

だから独自規格のtype-cを推し進めて外部デバイス持ち歩きが矯正される事になったのだ。

電源ケーブルに引っかかったら機体が吹っ飛ぶ事になってしまったが、マグネット式の電源アダプタmugsafeをつけられるアダプタも出てきてるとか。本末転倒も激しいが、重要なのが充電だけというならそれをくっつけとけば良いだけになる。

そういえば、HDMIを接続するならApple TVに接続してAirPlayすれば良いじゃ無い、という事であろうが速度がヤバイし、Apple TVある環境ならHDMIもあるだろう。

もう色々と持ち運ぶのが耐えられないならノートはDellとかのWindowsノートパソコンにするのが良いだろう。安いし。今時Macじゃないとできない事なんてiPhoneアプリの製作くらいだろう。それも持ち運んでやる必要があるかと考えるとまったく無いのでMac miniでも良い。スペースとモニターが無いなら生活を見直してみるというのが良いかもしれない。どうせすぐにちゃぶ台返しが起こって互換性の無いゴミになるだろうが、それでも良いならtype-c付きのMacBook Proを買えば良い。……老害というよりも金に糸目をつけず、生存期間も無視して使い捨てできるかどうかというところが焦点になる。会社で長い間使い続ける可能性が高いならWindowsのほうが何かと安心感が高い。

2/10/2017 09:21:00 AM