ミックスボイスの出し方アップデート

かなりミックスボイスが自分理論でコントロール可能になってきたのでアップデートしておこう。

ミックスボイスとは何だろうか、よく言われるのは裏声と地声を混ぜるからミックスと言われるが、その話を信じたら目的地に到着するのが相当に遅れる。出せるようになるのに何年もかかるだろう。原因は単純で地声は力んだり張り上げたりが簡単で、裏声は張り上げられる人は少ないし、できたとしても音程を取ることはまず不可能な叫び声だろう。地声くらいの強さが出せるように裏声を鍛えるとか言い出すとその叫び声で音程を取ろうとしてさらに迷走することになる。だからここではミックスボイスを再定義する。(何度もやってるがこの記事だけで成立するために)

乱暴に言い切ると、倍音声と基音声を混ぜるのがミックスボイスだ。混ざってさえいれば良いので声のデカさは関係ない。YouTubeでやたら張り上げてミックスとかやってる人がいるが、あれは元々声が高い人が調子に乗ってるだけで、実際はそれほど張り上げるものではない。

まずは倍音と基音について説明しておく。倍音は地声に多く含まれる成分で、基音は裏声に多く含まれる成分だ。だからミックスボイスが地声と裏声を合わせるというのは不完全ながらそれなりに合っているとも言える、しかしそれが厄介で、下手に本当が入り混じった嘘が一番見分け辛いし間違いを正し難い。タチの悪い都市伝説である。

倍音と基音というのは楽器などではよく話題になる。新しいシンバルは倍音成分が多いので耳にキンキン響くとか、基音は弦楽器のベースとなる音で一番下の音。一番下の音と言っても、これは音色に関係する部分の話なので、実際のドレミファのピッチとは話が違う。つまりドの音を構成する音色の中で一番下の音ということだ。実際、色々な音の成分が混ざって楽器の音色を作るのだ。

倍音成分が多いと地声っぽく聞こえて自然な発声に聞こえるが急な音程変化に対応するのが難しい。喚声点が明確になりすぎでカッコよく歌える歌が減って、イエモンくらいしか歌えなくなる。基音成分が多いと裏声っぽく聞こえる合唱団の歌声に聞こえてダサい。これらを「いい感じで」混ぜるのかミックスボイスである。

地声っぽく声が出せるかと言って張り上げたり、でかい声を出そうとすると混ざらなくなるので、まずは声をできるだけ小さく出す。その小さい声で低い裏声(裏声が低く出せた時点で裏声ではなく基音声)を出して、低めの歌を歌ってみる。混ぜるのもコツがいるのでまずはダサくてもずっと基音で歌う。そのうち音を喉と鼻の間に当てるような感覚で、倍音を混ぜる。力まない、でかい声を出さないは徹底する。基音じゃないとまともに音程が取れない。

イメージとしては基音はご飯で倍音はふりかけである。倍音部分は風味づけであってそれだけ食うものではない。歌声の本体は基音である。裏声で意識した方が良い人は裏声で全部歌うつもりで良い。低い所は裏声の感覚だけだと絶対でないが、気をつけるのは声を小さく、可能な限り小さく。高い声と低い声が同程度の大きさになるようにする。出し難い音で力が入ってでかくしようとしてしまうが「聞こえなくてくてもどうでも良い」という心構えで小さい声を出せば良い。

声の大きさは歌声とは直接は関係ない。喉が温まった時に無理せず、変な力みなく声を出せば、音量は大きくできる。横隔膜の拡張だ。腹から声を出すと勘違いしている人がいるが、横隔膜である。響くでかい声は完全に音程を捉えてからで十分である。むしろ囁くような声を出そうとするほうが良い。これまでカラオケで声を張りあげる歌い方をしていたら非常に難しいと思うが、とにかくプロも集音器機が優れているだけでそんなに張って歌うやつは少ない。シャウト系でもそこまで力んだり無理にでかい声を出す事はない。音を大きくしようと無理な力を入れても聞き辛いだけだ。音色を作るのが喉で、音量の調整は横隔膜でやる。これで喉を潰さずに何時間でも歌える。

裏声の感じと地声の感じを無理なく繋ぐためにもボリュームを絞るのは有効である。音圧が同じなら倍音成分が多かろうが少なかろうが違和感なく自然に繋がるし、余裕が生まれて聞いていて心地よい声で歌える。ロック的なかっこよさは出せないが、元々ロック的な声で歌える人は少ないし、慣れてくると倍音をこもらせて小さい声でシャウトっぽく出せるようになる。心配しなくても良い。まずは音程を完璧にすることが先決だ。余裕で音程が取れるようになったらふりかけ的に倍音を混ぜてカッコよくすれば良い。

ミックスボイスは現代の歌の基本となる声の出し方である。イエモンだけ歌っててれば満足ならそれでも良いが、はっきり言って聞いてる方からすると地声歌は聞き苦しいし拷問だ。

4/25/2017 09:07:00 AM