怒りを抑える方法

腹わたが煮えくり返っている時に有効そうな技をいくつか。順番にやるのが良い。だんだん体から思考に向けてコントロールするので、順番を間違うとほぼ効果ないばかりか、余計に苛立つ可能性が高くなる。

まずは体をコントロールして怒りを払拭する。頭に腹立つことを思い浮かべながら、頭を素早く回転させる。その時に腹立つ対象が外に吹き飛ばされていく感覚でやれると良い。

次に怒っている自分の顔を鏡でみたり、写真に撮ってみる。そうすることで「何をこいつはそんなにプリプリしてるんだ」と他人事のように考えられるようになる。

次は手首に輪ゴムをはめてパチンとやってみる。ある程度痛いほうが快楽物質が出やすいらしくマゾ的な方法だが、催眠術の急な手叩きと同じ効果を持っているそうだ。怒りの催眠から醒めるのかもしれない。

最後に相手を犬とかトカゲみたいなものだと考える。自分と同等の知能と良識を有していたらあんな事を言ったりやったりするはずない……と考えて気にしない、というのもあるがこれは出来ればやらなくても良いと思う。自己暗示に無理が出てくるし、あいつと私という主観的な空間に持ち込んでしまうので、どうしても復讐を考えてしまうようになる。狂犬は殺処分しなければ、と考えてしまうように。

だから、頭から嫌な思いが吹き飛ぶように頭を振りまくって、自分の顔を鏡で見て、輪ゴムパチンする程度で何とか抑えよう。それでも収まらないなら、別の集中で散らす……とはいえたまに思い出して怒りが湧き上がることがあるから、とりあえず書き出しまくって覚えておいてやろうと考えたら案外早く忘れるかもしれない。

5/12/2017 02:38:00 AM