カラオケの歌い方を言語化するメリット

言語化するだけで再現性が高まるので技術が高くなっていく。感覚的なことを余さず書き留めておく方が良い。2ちゃんで皆さんどんな感じで歌ってるか確認して来たがやはり自分の感じた方法は正しそうだ。伸び悩んでいる部分が手に取るようにわかる。今より高みを目指すなら、もしかしたらまた別の方法も必要になるかもしれないが、とりあえず現状一番良い感じに歌える方法と理由を書き留めておこう。

まず脱力が絶対条件。自分の地声(話す時の声)に近い音域は無駄な力を入れても歌えてしまうので勘違いしやすいが、終始力を抜く。喉の使い方が全く違うので、地声の時に出る音とは全く違う。つまり普段馴染みの無い声になる。どうやればその声になるのだろう。

高い声を出そうとして喚声点(裏声と地声の切り替え音域ポイント)で裏返るならそれは力みが原因だ。地声と裏声が歌声と違うのは力の入れ方である。歌声に地声と裏声があると熱弁してる人もいたが、喚声点が生まれるので裏返る原因になる。

ミドルボイススレではがなりだのデスボだからミドルボイス(ミックスボイス)をだそうとする流れがなぜか出てきたが、裏声だけで数時間歌った方がまだ有意義だ。まずは大声出さないのが最重要で、次に音程を完璧に合わせられるように頑張る。素人のカラオケだと音程合わせるのが最重要だ。

裏声だと低音出す時にまともな声出ないからといって、地声頼りになったら無意味だ。裏の感じで低音だす工夫をする。人によってはここが一番難しい、すぐ地声で出せる音域なのに慣れない声の出し方で中々出ないからカラオケで使えないとアッサリ諦めるのだ。それより早く自由に歌いたい、となってしまう。我慢強さと目的意識が試される。ここを乗り越えたら一気に正解に近づくと信じる気持ちが重要。

裏の感じで低音が出るようになったらミドルの基礎的な喉の使い方がわかってくる。ここから倍音成分を混ぜ合わせて力強さとかっこよさを目指すとミドルボイスが出るようになる。裏声では低音出ないし、声張れてしまうので、それとは別の発声だ……と気づくところがスタートだが、裏声からアプローチしないことには、まず天才以外は気づけないので、がなりやらデスボはやめた方がいい。

大きな声で歌うのがなぜダメかというと、素人は「大きな声=力強さ」という勘違いを無意識にしている。これは地声や裏声の特性なので勘違いしやすいのだ。そのせいで大きな声で歌おうとするだけで力みが入りまともに歌えなくなる。地声の感覚の延長線では変な力が入り音程をコントロール可能な声にはならない。力まない、といわれてもどうすればいいかわからないが「大きな声で歌わない」なら誰でも理解できるし実行も可能である。

しばらくは普段出す声の感じとは全く違ううえ、いい感じだと自分で思っている地声とは無縁のカッコ悪い声なので耐えられないとは思うが、ここを乗り切ればミドルボイス、ミックスボイスと呼ばれる芯のある艶やかな発声が可能になる。

順番としては喉の力を抜く。力を抜くと言われても初心者はどうすれば良いかわからないのでまずは声量を抑えて喚声点を無くしどの音域も同じ声量で歌えるようにする。するとカンツォーネのような声の出し方になる。そこに現代ロック的な艶のある響きを混ぜる。口内で響きを作り出すイメージで良い。正確な歌声の発声がカンツォーネ段階で出来ているので口内で響きを作る感覚はそれほど難しくない。実際は呼吸の通り方のコントロールを口内でやっているのだが意識としては上顎に音をぶつける感覚で絞るイメージをするのがいい。この艶のある響きにより声を張らずともかなり通りやすくなるので、そこから声量をあげるが喉で張り上げるような大きな声を意識するわけじゃなく、より胸から腹にかけて響きを多く豊かにする意識をする。これは低音に特に有効である。録音して聞いてみると低音がしっかり出ていれば地声と遜色なく、しかし地声ではまずでない音域の声が出るようになっているので驚くはずだ。

カラオケで歌うには声が小さいままだと全く役に立たないし、カッコ悪いので人前で歌うならそこまで気を使ってテクニックが必要な歌い方をするのではなく音域に余裕のある曲を歌うのが良い。練習はしかし声量を抑えて、ミックスボイスの響きを作り出し、声量を上げる……という段階を踏んで行かねばならない。つまり一人かボイトレの先生とだけやったほうがいい。大勢の人がいると影響を受けてバランスが崩れる。歌で使う喉の筋肉やテクニックは超微細なコントロールを要するので雑な事をするとすぐに破綻するだろう。

6/04/2017 11:23:00 PM