人工知能が仕事を奪ったら何が悪いのか

それほどのインパクトは無いだろう。便利にはなっていくし無駄な作業が減る。しかしうまいことコントロールするにはしばらく専門家が必要になるだろう。結局文字で入力しないとノイズが多過ぎるから、確実に命令したいなら文字の方が手っ取り早い。感情を上手く伝える事も難しい。アスペルガー以下のコミュニケーション能力だが人間がそれを補ってやる状況が当分続く。我らの人以外の会話の相手はこの地球上どこにも存在しないだろう。あと百年以上は。

そもそも誰が人工知能をメンテしたりサーバーを管理するのか、人工知能がそれをやるならその人工知能は誰が作るのか……

エクセルとワードでそれまで手書きでやっていたオフィス作業が楽になったとか、最近ではGoogleのスプレッドシートがそれを駆逐していってるというのと大して差を感じない。

後はGoogle翻訳がさらに精度を上げたら翻訳系の仕事が無くなっていくだろうが、それでも人間の感覚が重要な場面は残るので文学作品は翻訳家次第の芸術作品になっていく気もする。

労働からの解放を期待してる輩も多いが結局仕事の仕方が変わるだけで無限に労働からは解放されないだろう。

7/08/2017 09:16:00 AM